隠岐牛メイン
HOME >> こだわり >> 飼育体制

オススメ情報
  • 潮風日記
  • 潮風ニュース
等級情報

  平成28年12月までの出荷成績

  • 出荷頭数 1534頭
  • 5等級率 (*) 44%
  • 4・5等級率 (**) 81%
飯古建設
お問い合わせ

飼育体制

潮風ファーム 概要

ファームで育てている
牛の頭数
繁殖牛160頭、肥育牛480頭
牛舎数

34頭牛舎-1棟  52頭牛舎-1棟
54頭牛舎-1棟  58頭牛舎-5棟
60頭牛舎-2棟  (合計 10棟)

 

飼料倉庫-3棟

放牧地面積 約50ha

 

「隠岐牛」肥育のこだわり

 

kodawari_img01.jpg

kodawari_img02.jpg



隠岐牛の肥育において大切にしているのは、牛にも島にも負担を少なく育てることです。
潮風ファームでも昔ながらのやり方を踏襲して、牛を自然状態に近い形で飼っています。

もともと隠岐の牛は、島で放牧されて育ち、本土の牛に比べて足腰が強靭で、免疫力が強く健康でした。病気になること自体が少なく、隠岐諸島の4島合わせて1人の獣医で足りることがそれを表しています。

また飼料については、出来る限り島内で賄うよう心がけ、粗飼料については、島内産の牧草と稲わらを使用することにこだわっています。配合飼料については、島内では入手が困難なため、購入飼料(とうもろこし、麦、ふすま、大豆粕など)を使用していますが、その配合は自分たちで牛の成長に合わせた独自の配合を行っています。